Pythonユーザの集いに初参加

Pythonを真剣にはじめてまだ1ヶ月も経ってもいないのに、Pythonユーザの集まりに行ってきた。参加した理由は、実際にどういう人たちがPythonをしているのかという興味本位というのが一番。本やオンライン授業ではなく、実際にPythonを使っている人と直接離したりすることでモチベーションアップにもつながるかなというやや他力本願的な考えも。 会場は18時から受付開始、オープニングが19時〜。前半2名のプレゼンの後、軽食を挟んで、後半2名がプレゼン。流石に後半の内容は上級すぎるので、前半のみ参加した。 一番最初は今回のイベントのスポンサーからの挨拶。このイベントは会費なし。スポンサーが会場と軽食を提供1。スポンサーが付いていることに驚いた。私がオーガナイザーだったら、安易に会費制にしてしまうだろう。 次のオーガナイザーのLTが良かった。彼女はPythonを始めて5年弱、Pythonイベントのオーガナイザーになって3年らしい。最初の1年半は恥ずかしくて、こういう集まりに参加できなかったという。当時の自分のようなビギナーにも場を作るという信念の元、イベントの内容を変更。前半は全員対象、後半は上級者対象、中間に懇親の機会を設けている現在のスタイルは彼女の試行錯誤の結果。参加者も彼女が参加した当初と比較して3倍。参加者増加の背景にはPython人気もあるのだろうけど、それにしても彼女の行動力すごい!2 前半最後のワークショップでは、リスト内包表記や、《is》と《==》の使い分けについて。PyQでも理解するのにしばらく立ち止まったトピック。PyQの中級まで終わらせておいて良かった、と心底思った。私は、入力されていくコードとその解説についていくので精一杯だったけど、他の人たちは質問したり、意見を言ったりと、インタラクティブで面白かった。私もああいった質問が思い浮かぶようになる日がくるんだろうか。 前半終了後、LTをしたオーガナイザーに今回のイベントの他に初心者の集まりはないのかと質問。初心者ということでブートキャンプをいくつか紹介された。やっぱり一度インテンシブに基本を叩き込むのが良いらしい。時間とお金があれば行ってみたいけど、現実は厳しい。当面はPyQとUdemyで頑張る。 彼女は、一通り身につけた後、更に知識を深めたい部分をCorseraの授業で補ったらしい。・・・Courseraとかに飛びつくあたりやっぱり次元が違うような気がする。 彼女や他の参加者のようになるまではまだまだ時間が必要そうだけど、とりあえずは、PyQで基本を身に付けて、次のイベントにも参加したい。 【私が使っている教材】   Access to this page has been denied.https://www.udemy.com/python-beginner/   飲み物は最初っからあって、ミネラルウォーター、ジュース、ビール。発表者以外、ビールを手にしているような状態。食事はピザ。私の思い描いていた典型的なプログラマ的集い。(この会が例外的なのか?) ↩︎ 最近では更に、他のプログラミングの集まりのオーガナイザーもしているらしい。 ↩︎ Advertisements

Advertisements

【PyQ】《Python中級》修了

今日、何とかPyQでのPython中級まで終わった! PyQでは、学習開始時点でのレベルや目的に合わせてオススメの単元の組み合わせがコースとして設定されている。私は、その中から、「未経験からのPython文法」コースを選択して受講している。 コースの内容は以下のとおりで、写経のみの例題を含めた問題数は「358」、目安の学習時間は「77時間〜」となっている。 「未経験からのPython文法」コース はじめてのプログラミング Pythonはじめの一歩 Python初級 Python中級 ←今日ここを修了1 実務でPython 中級では、ソート、セット、クラスなどを学習した。初級と比較して例題のコードの長さもずいぶんと長くなった。もちろん単に写経部分を入力して進めることも可能だけれど、一度それをして挫折している。だから今回は、焦らずに一つずつ丁寧にコードを読むようにした。写経以外の部分では時々「え?こんなの習ったっけ?」というところもあるけど、最初からきちんとコードを見ていくのを続けていると、この処理はこういう風に書き換えることも可能なのか、というようになってくる。 中級では初級で習ったことをバンバン使う。バンバン使うから、だんだんと慣れてきた、ような気がする。辞書やリスト、タプルはやっと書き方を暗記。 ただ、この理解が深まったのは、サブでUdemyの授業を観たというのも大きい。ちょうどキャンペーン中で1コース1,400円だったので、下のコースを購入した。 Access to this page has been denied.https://www.udemy.com/python-beginner/learn/v4/overview 項目ごとの説明が詳しい。ただ、学んだことを応用する、実際にどう使うかという点については、PyQに軍配が上がる。PyQは例題がその単元で習った内容だけにとどまらず、これまで習ったことを組み合わせてより実践的な内容になっている。こういうのは動画レッスンでは難しそうだから仕方がないと言えばそれまでなのだけれど。 中級で一番つらかったのは、正規表現。書き直しの連続。最初の頃は、\s*[//\t]+\s*を見て「???」としか思えなくても、レッスンを進めていくうちに、どこをどう区切ってみるべきなのかということがわかってくる作りになっている。本当によく出来ている。 中級を終えて少しずつどんなことが書かれているのかということの理解が出来てきたとはいえ、実際にはまだまだ「中級」と言えるレベルではない。例題のようなことを自分で考えて解決出来るか、と考えると自信がない。もっと写経が必要だ。 その他PyQ受講関連のブログ記事 【PyQ】|《Pythonはじめの一歩》修了 【PyQ】|《Python初級》修了 問題数での進捗率は338/358。 ↩︎

【PyQ】《Python初級》修了

PyQでのPython初級まで終わった! PyQでは、学習開始時点でのレベルや目的に合わせてオススメの単元の組み合わせがコースとして設定されている。私は、その中から、「未経験からのPython文法」コースを選択して受講している。 コースの内容は以下のとおりで、写経のみの例題を含めた問題数は「358」、目安の学習時間は「77時間〜」となっている。 「未経験からのPython文法」コース はじめてのプログラミング Pythonはじめの一歩 Python初級 ←今日ここを修了1 Python中級 実務でPython まだまだ初級だけれど、それでも素人の私にとっては理解に時間のかかる問題が増えてきた。ひとつ前の「はじめの一歩」に取り組んでいたときのスピードの倍とはいかなくてもそれに近いくらいの時間がかかるようになってきた。 例題では、コードを全て入力する問題は少なく、学習トピック部分のみを写経させるというスタイルが採られていて、他のプログラミング言語の知識がある人たちにとっては学習を要領よく進められる作りになっていると思う。 そして、自分が初学者であるにも関わらず、私もそのスタイルをとって、前回は失敗してしまった。学習しているトピックのコード部分だけでなく、各問のコード全体をせめて80%くらいまで理解した上で、次に進まないとある日突然「何やってたんだろう」となってしまう。何を当たり前の話を、と自分でも呆れてしまうのだけれど、ゲーム感覚で出来るために次第に「次へ次へ」という思いの方が勝ってしまった。 さて、初級の内容。初級では、その単元で学習することだけでなく、これまで学習してきたこととの組み合わせで問題を解いていく。内容も、「あー、こういう状況仕事でもありそう」と思えるものが増えてきた。 写経の段階でメモを取り、問題演習では模範解答を見ず、自分のメモを頼りに解く。エラーが出ても慌てない。面倒くさい気持ちを抑えて、最初からじ~っと見て、直していく。段々と繰り返していくうちに、エラーが何を言っているのか、自分のエラーの傾向がつかめてくる。 私の場合、インデントを適当にしてエラーが出ることが多い。何も考えずに、Enterを押下して、そのまま書き続けることが多いから。見直して、ループや条件分岐から抜けてないことに気づく。ちょっとした見直しで気がつかないときには、Excelマクロのときにイミディエイトウィンドウでやっているように、途中にprint()を置いて確認している。(Pythonでの見直しの方法がまだわかっていない。。。) 辞書を使った集計も、初級の最初のあたりではまだまだ苦手だった。とりあえず、例題のコードを書き写して暗記。後から理解がついてくることもある。いくつか問題を解くうちに、「この前使ったあの書き方で」とやっと気がつくようになってきた。やっと。 その他PyQ受講関連のブログ記事 【PyQ】|《Pythonはじめの一歩》修了 【PyQ】|《Python中級》修了 問題数での進捗率は273/358。 ↩︎

【PyQ】《Pythonはじめの一歩》修了

《無駄遣いをやめる》と目標を立てたものの上手く進めることが出来ずにいる。今月は、ちんたら取り組んできたPyQ1を真剣にやることに決めた。 私がPythonに興味を持ちはじめたのは、Amazonで『退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング』というタイトルの本の存在を知って、「え、Pythonってデータサイエンティストだけのものじゃないの?」と気になり始めたのがきっかけ。(本は購入していない2。 ) 具体的に「Pythonで○○がしたい」などということはなく、単純に「Pythonがノンプログラマーの仕事に便利なものだっていうんなら・・・」という軽い気持ちだった。 本を読んですぐに理解出来るタイプではないこと、また、いろんなところで写経(お手本のコードを実際に手を動かして自分で打ち込むこと、らしい)がプログラミング習得の第一歩みたいに書かれていたのを見て、PyQを始めることに決めたのが秋頃。それから数ヶ月経っても、初級も終わらせることなく、時間が過ぎ、月謝だけが引き落とされていく。 取り組み方そのものが間違っていたのだと、ここ数日取り組んでみて反省。 当初、私は、写経を字の如く捉え、全く理解しようという気持ちを持っていなかった。「とりあえずお手本どおりに打ち込んでいけば私もPythonが習得出来る!」と思い込んでいたのだからおバカとしか言いようがない。打ち込んでいる内容をきちんと理解しようとせずに進めるので、タイピング練習以外のなにものでもなかったのだけど、そんなことには全く気付いていなかった。自分が打ち込んでいるコードがどういうものなのか全くわからない、つまらない、そして《挫折》。でも《挫折》したとは思いたくない諦めの悪い私は月謝を払うことで「まだ、学習を続けている」という気分に浸っていた。 学習を再開して今日で3日目。これまで学習した履歴をリセットし、もう一度【はじめてのプログラミング】から取り組み、【Pythonはじめの一歩】まで終了した。 今回は、解説をしっかり読んで、ノートまで付けている。コースそのものは、ノートを取る必要がないような作りになっているが、自分の性格上、自分で重要と思った部分に付いてはメモを取っておいた方が理解が深まるような気がしている。ちんたら取り組んでいたときには、すぐに模範解答を見て、タイピングしていたけれど、今回は問題はノートなどを参考にあーでもない、こーでもないと悩みながら取り組んでいる。 ノートを取る時間の分だけ時間はかかるものの、前と比べると雲泥の差でコードの意味がわかる。そして、楽しい。 明日からはやっと【Python初級】に進む。これからもっと難しくなって、スピードが落ちそうだけど、今月中に何とか【実務でのPython】まで終わらせたい。 オンラインPython学習サイトで、月額2,980円〜(2018年2月現在)利用できる。 ↩︎ 英語版であれば、著者の【Automate the Boring Stuff with Python】というサイトで読んだり、ダウンロードすることが可能。 ↩︎ その他PyQ受講関連のブログ記事 【PyQ】|《Python初級》修了 【PyQ】|《Python中級》修了