備忘録かチートシートか|Dynalistの使い道

毎朝、Notepad++とOutlookを立ち上げてタスクを確認。仕事中のちょっとしたメモは、Notepad++に入力している。

最初のうちは、プレーンテキストのメモはわかりづらいかとも思っていたが、サクサク動くその速さ、マークダウンに慣れてきて以降はその手軽さから、もう文書は全部Notepad++で済ませたいというほどにハマった。

ということで、備忘録を含めドキュメント作業の80%近くはNotepad++を使用。15%くらいは、文書の整形作業で他のMSアプリと格闘1。最近、はじめだしたのが残りの5%、Dynalistでのメモの作成。

Dynalistは使いはじめてまだ1ヶ月ということもあって、まだまだ、自分の中で使い方が定まっていない2。毎月のトピック制限もないので、以前使っていたように思考の整理用に使おうかとも考えたけれど、せっかくNotepad++に慣れてきたのだから、ここで戻す必要性が感じられない。

今のところ「これがしっくりくるかな」と感じている使い方は、パソコン関連の断片情報の寄せ集め(備忘録)や、チートシートとしての使い方。精度の低い超個人用素人Qiita3のような感じ、とでも言おうか。。。

パソコン関連で調べたサイトのうち、後から見返したいサイトの情報を貼ったり、覚えておきたいコードを書き留めておいたり、ということに利用し始めた。(まだ実験段階故、この使用法が定着するかは不明。。。)

仕事用に作ったDynalistの現在のフォルダはこんな感じ。

dynalist_1

最初は、年間のモデルスケジュールだとか入れてみようかなとか、昔のように引継書を作成してみようかなと思って、いろいろフォルダを作ってみたのだけど、結局そのほとんどはNotepad++で対応しているので使っていない。何だかんだで、PC関連の備忘録用に作っておいたフォルダだけしか使っていない。

PhraseExpressも大凡の使い方は理解できてきたものの、たまに書き方を忘れるので、よく忘れるものをまとめたチートシートが必要。忘れるごとに5分はロスしていると思う。

覚えておきたいコマンドをまとめたもの。外部リンクの他、Dynalist内の項目のリンクを貼ることも可能。

dynalist_2

参考:dosコマンドを使ったfile listの作り方(windows)

dynalist_3

現状わからないこと、解決できていないことには@Question?というタグを付けてみた。解決法がわかったら更新予定。

マークダウンでコードをハイライト出来るので、チートシート用には使い勝手がいいかな、と。

未解決の問題もメモしている部分と、チートシートとして完結している部分が混在していて若干気持ちが悪い。グループ分け(フォルダ分け)が間違っているのだと思うが、今はDynalistの利用法を考えている途中なので、我慢する。両方の使い方をしていくと決めた時点で、このあたりの整理法を再検討したい。

その他Dynalist関連のブログ記事


  1. 一番苦手なのは、エクセルである必要性が分からないエクセル文書の整形。地味に時間がかかるから、計算とかテーブルがないならやめてほしい。 ↩︎
  2. そもそも決めなきゃいかんのか、という感じがしなくもない。ただ、闇雲にツールを増やすと収集がつかなくなるし、一応は決めておきたいな、と。 ↩︎
  3. プログラミングに関する知識を記録・共有するためのサービス。個人的には、素人のブログ情報とは違ってやや敷居の高い印象。 ↩︎
Advertisements

WorkFlowyをやめてみた。とりあえずDynalist。

「出だしが肝心」とばかりに今年の抱負として掲げていたことにせっせと取り組んでいる。だが、果たしていつまで続くやら・・・。

ずっと「いい加減やめよう」と思いつつダラダラと過去1年以上利用料を払い続けていたのが【WorkFlowy】。やめてみた。

ごちゃごちゃを整理するのに便利なアウトライナー

社内マニュアルやら引継書やらといった面倒くさい業務を担当させられることになってテンパっていたときに、『アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術』という本を読んだのがきっかけ。著者のアウトライナー活用法が詳細に書かれていて、アウトライナーを使えば、私も同じようにいろんなことをできるようになるんじゃないかと思ってすぐさま使い始めた。

ゼロからマニュアルを作成するときには、アウトライナーは本当にオススメ。作業の洗い出しをして、グルーピングをして、順番を考えて、etc. etc. とやっていくのを何回も繰り返すことができるから。アウトライナーを使う前の私は、その作業をポストイットを使ってせっせとやっていた。ポストイットでも出来ないことはなかったのだけれど、途中で「あれ?あの作業忘れてた!」とか(数個タスクを追加した後で)「ん?グルーピングおかしいかも・・・」となると軌道修正が大変。アウトライナーのお陰で時間のムダが随分省けたと思う。

上手くいくと段々と楽しくなってきて、どんどんいろんなものをアウトライナーを使って整理するようになり、あっという間に有料プランへ移行。有料でもこんなに便利ならとヘビーユーザー一歩手前まで突き進んでいたんと思う。しかし、そう長く(何年も)は続かない。

文書化する必要があるならWordで済ませておく方がラクだった

便利なものを見つけたらとことんラクをさせてもらいたくなるモノグサな私。しばらくすると、WorkFlowyからWordへコピペして、適当なスタイルを設定して、という作業が面倒くさくなってしまう。(Pandocを知らなかった私、バカね。)で、気づいてしまう。

「もしかして、はじめからWordのアウトラインモードで書けばいいんじゃ・・・?」

予めスタイルを設定したWordテンプレートを作って、あとはアウトラインモードでアウトライナーのときと同じように作業をする。おしまい。

自分の考えを整理する場合には、Zoom機能といった便利な機能のあるWorkFlowyが向いているかもしれないけれど、最初から文書化するというゴールがある場合には、Wordの方がラクだと思う。

ただ、Wordにも難点がある。少し重いのと、スタイルを「あーでもないこーでもない」と悩んでしまいがちなこと。そこで、最近はWordからも遠ざかり、専らNotepad++。以前のようなゼロからまとめる作業というのが減って、アウトラインを何度も練り直す必要がないのでマークダウンで十分なのだ。

これまでのアウトラインは残しておきたい。でも。。。

このようにWorkFlowyの使用頻度は徐々に減少。でも、以前のアウトラインは残ったままだから、利用料金は毎月発生するという状況。きちんとしている方は、アウトラインが完成したところでEvernoteなどに最終版をアップロードしてWorkFlowyからは削除、ということをきちんとやっていらっしゃるようだけど、・・・面倒くさい。かつ、アウトラインのまま留めておきたい。あー、そこまで大きな金額でもなし、この出費はあきらめるか、という貧乏思考に支配されていたけど、代替アプリあった!

個人的には、Dynalistの方がデザインも好き。基本機能だけで十分というならば無料。思考の整理をするのに使うくらいで、アウトライナーとカレンダーを同期させる必要性が見いだせない私には基本機能で十分。早速、Workflowyというフォルダを作って、Workflowyのリストをマルっとインポート。【Import from WorkFlowy】というなんとも素敵な機能があるので、1分以内で終わる。アウトライナーにお金を払う生活とはこれでお別れです。長かった・・・(面倒臭くて放置してただけだけど)。

Dynalistはアウトライナーとしてだけ使う

Dynalistは高機能なアウトライナーでいろんなことができるらしく、利用者同士がいろんな活用法を活発にシェアしている。でも、正直、「それ全部、Dynalistでやる必要ある?」と思う点も多い。単なるタスクリストなら良いけど、わざわざカレンダーとリンクさせる必要あるんだろうか。スケジュールに入れたいなら、Todoistでタスク管理する方がラクなんじゃ?繰り返しも設定できるし、リストをテンプレ化して何度も利用することだってできるんだから。というのが、現時点での私の考え。

その他Dynalist関連のブログ記事