JavaScriptのワークショップに初参加

ついこの前、Pythonを学習し始めたばかりのプログラミング初心者が、またまた調子に乗って今度はJavaScriptのワークショップに参加してきた。 今回のワークショップの会場は、先月参加したPythonの集いと同じ。 18時半開始で、21時まで。「JavaScriptをさわったことのない初心者もOK」という誘い文句に思いっきり安心しきって申し込んだけど、申し込み完了のメールに、「事前にNode.jsとnpmをインストールしてきて」という一文。 ・・・どうやって? Node.jsをダウンロードしよう 「node.js npm」などのキーワードでググれば、たくさん解説ページが表示されるので、問題ない・・・はずだった。 MacにNode.jsをインストール – Qiitahttps://qiita.com/kyosuke5_20/items/c5f68fc9d89b84c0df09MacにNode.jsの環境を構築するメモ。# インストールの流れ1. Homebrewのインストール1. nodebrewのインストール1. Node.jsのインストール###・HomebrewHomebrewはMa… なぜだかNode.jsのインストールの段でエラーが出るという。。。 お手上げ状態になって、結局、次のサイトで【macOS Installer (.pkg)】をダウンロード。 ダウンロード | Node.jshttps://nodejs.org/ja/download/ 無事完了。(だがしかし、自分が一体何をしているのかわかっていない状態。) ワークショップ:NODESCHOOL 会場へは三番乗りくらい。申し込み時点で、40人弱参加予定と表示されていたけど、実際の参加者は30人位だった。個人で教材の課題をこなしていく。もちろん講師(4人位)が各テーブルをまわって、つまずいていたら教えてくれるし、同じテーブルの人たちと相談したりもする。 使った教材は、NODESCHOOLで提供されているもの。 Core Workshops javascripting learnyounode 初心者の私は、javascriptingを選択。 課題に取り組むには (Macでの方法) ここからは英語の解説を頼りに進めていくこととなる。 ターミナルを立ち上げて、インストラクションにあるコマンドnpm install –global javascriptingを実行。 javascriptingを実行 一番上に JAVASCRIPTING と書かれた青色のブロックが表示される。 INTRODUCTION がハイライトされているので、【Enter】キーを押下。 解説にあるとおりにコマンドを実行してフォルダとファイルを作成する。私は一番ラク、という理由から、デスクトップにフォルダを作成。 cd desktop を実行。 解説どおり、mkdir javascriptingで【 javascripting】という名前のフォルダを作成。 解説どおり、cd javascriptingで【javascripting】フォルダへ移動し、touch introduction.jsを実行して【introduction】という名前のjsファイルを作成。 最初の課題では、【introduction.js】にconsole.log(‘hello’);と入力して保存。(以降の単元では【## The…

Advertisements