とうとうGASデビュー:スプレッドシートからカレンダーへ予定を登録

Google Apps Script(略してGASというらしい)の情報はこれまでもインターネット上で見る機会があったのだけど、Googleは検索エンジンとメールしか使っておらず、しかもメールに関してはサブもサブのメールアドレスといった位置づけ。Googleのアプリにお世話になることはきっとないだろう、と思っていた。
だけど最近、会社でGoogleアプリを使うことが禁止されていない、ということを知って、活用方法を考え始めている。

まずは、会社用のgmailアドレスの登録して比較的簡単なことから始める。

  • GoogleMapsによく使うレストランなどを登録。
  • GooglePhotosに写真をバックアップ1

ここまでは設定の問題なので、敷居が低い。次のステップは、Google Apps Scriptを用いて自分専用の便利機能を作る

多くの人たちが取り組んでいるのが、Spreadsheetで作成した予定一覧をCalendarへ一括登録する、というもの。確かに便利そうである。便利そうであるが、私、仕事で使ってるのは、Outlookなんだよなー。
ということで、Google Calendarへ登録後は、Outlook CalendarへのSyncの設定も必要そうである。

初心者の私にも理解できたGAS解説サイト

Google Apps Scriptの基本も分からない私が参考にしたのは次のサイト。非常にわかりやすい。

上記の最後「【コピペでOK!】スプレッドシートとカレンダーを連携してイベントを一括登録する方法」に載っているコードで私がやりたいことの95%は達成。

事前準備

デフォルトのカレンダーではなく予定のカテゴリー登録したいと考えていたので、Google・Outlookいずれでも新たにカレンダーを作成した。(今回作ったのは《OOO》2というカレンダー。ミーティングで聞いた上司や同僚たちの出張・休暇日程を登録しておこうかな、と。)

全日・時間指定のイベントどちらも同じシートから一括登録

モノグサな私が必要としているのは、ひとつのシートで、全日イベントと時間指定のイベントの両方を登録すること。なので、データテーブルを以下のようにして、紹介されているコードをほんの少し変更してみた。

Push to Calendar Table

全日の予定の場合には、【All Day Event】列に《y》と入力。時間(【Start Time】・【End Time】)は入力しない。

もっと上手な書き方あるのだろうけど、とりあえずこれで私のやりたかったことは出来たので、現状は良し。

Outlookへ登録:SyncじゃなくてFlowを使ってみた

Google CalendarとOutlookの連携方法もいくつか方法があるようだ。

Outlook で Google カレンダーを参照する

Office 365を使っているなら、上記【Google Calendarを購読する】の方法とほぼ同じことがMS Flowを使っても出来る。

Google Calendar to Office 365 Calendar

MS Flowを使って特定の添付書類をSharePointに格納するなど、Flowがお気にいりなので後者の方法でOutlookへ登録することにした。この方法だとクライアント変えても大丈夫なはず、多分。

今後の課題

同じシートで、編集や削除も出来たらいいかも、と思う。でも、それよりも盛り込みたいのは、同僚の名前や不在の種類(出張か休暇か)の列を作って、イベントタイトルの頭にその情報を付けることかも。

最終的には、《Google Spreadsheet》を使っている部分を《SharePointリスト》にしてGoogleを介さずに完結出来たら良いのだけど、現時点の私のスキルでは難しい。


  1. iCloud追加ストレージ問題も解消されるかもしれません(2018年2月現在、50GBで月額130円)。私はそれほど写真撮らないけど。 ↩︎
  2. 「Out of Office(不在)」カレンダー ↩︎
Advertisements

2018年1月の活動記録

年初に立てた目標の振り返り。

食生活

出張に出ていた一週間を除いて一日二食を続けている。11月の終わりから12月初めにかけて挑戦した7号食ダイエットで減った体重分を年末年始でしっかり取り戻していたけど、2月3日時点で戻すことが出来た。出張中はいつも、毎晩のように会食(しこたま飲む)が続く。出張がなければ、もっと早く年末年始の負債を完済出来ていたような気がしてならない。

1月は同僚たちの出張や、反対にお客さんや他の拠点からの訪問者も多く、おみやげのお菓子が毎日のように配られ間食が強いられる月でもあった1

仕事(定型業務)

仕事を段々と同僚に渡している。というか、上司が私でなくてもよい仕事(大部分が定型業務)をチームの他の人に渡してくれるようになったので助かっている。時々、戻りがあって対応することもあるけど、全部を対応するよりも断然ラク。

メールの定型文登録

いまだに私から送信しているメール連絡などは、PhraseExpressに登録。以前から登録している分についても、使う度に改良できる箇所がないかを点検し、ちょこちょこ改善してみた。(Boiler plateの活用)

Office 365の活用

毎月行っている他拠点の活動報告取りまとめは、Office 365の機能2を活用して、【1.報告書提出依頼メールの送信(報告用Excelファイル添付)】→【2.Excelファイルの回収】→【3.Excelファイルの結合・表の整形】→【4.上司へ提出・修正】→【5.最終提出】という従来のやり方から、【1.報告書提出依頼メールの送信】→【2.表の整形】→【3.上司へ提出・修正】→【4.最終提出】とステップを1つ減らすことが出来た。

表の結合はそれほど難しくないのだけれど、時々、「提出したファイルの内容に誤りがあったから、新しく送るファイルに差し替えて」といった依頼が地味に面倒くさいのだけど、このやり取りがなくなった。あと、内容確認やそれに基づいて修正を依頼する場合にも、オンラインであれば、ファイルをやり取りすることなく更新されるので、手間が省ける。

自分以外の人にも新しいことを取り入れてもらうことには正直不安もあったが、幸運なことに私の拙い説明でも何とか手順を理解してもらえたようで、きちんとワークしている。

無駄遣い

これは、全くと言っていいほど上手く取り組めていない。本当に問題!

1月のお買い物は、本を数冊、ブーツ、Todoistの更新に、Fitbit。これらは、自分では無駄遣いではないと思っているのだけど、出張先でちょこっと観光したり、「ご当地グルメを」と自分への言い訳をしてしまったことが悔やまれる。どうして違う土地では財布の紐が緩むのか、不思議だ。

多くは出来ていないものの、小さな成果は以下の2つ。

  • WorkflowyからDynalistへの乗り換え
  • 言語学習サイトの登録解除(英語外)

2番目はInnovative Languageというサイトで、無料の教材も多くある。最初に無料でトライして結構良かったので、有料に変更したのだけどそれとほぼ同時期に仕事が忙しくなりだして、私の優先順位が変わってしまった。キャンセルしても、日割り計算で返金などということはないので数カ月分をまとめて前払いするときには注意が必要だ3

英語4以外の言語の学習は、大学時代の第二言語で大失敗をして以降、苦手意識が抜けきらなかったのだけど、社会人になってから始めたドイツ語でやや払拭。英語の他に2カ国語に挑戦(現在休止中)。私の経験では、全く知らない言語の独学は時間がかかるので、一番最初は学校に通って3ヶ月ほど先生に教えてもらうのが効率的。

今月はもう少し無駄遣い減らせるよう努力する。


  1. 一口サイズの食べ物以外は、全て拒否。感じが悪いのは承知で、同僚が自分の誕生日のために作ってきた超特大ケーキ(チョコ&くるみ)もこっそり辞退。 ↩︎
  2. Microsoft Teamsの使用開始。引継ぎ文書代わりに、Wikiに活動報告の入力方法や注意事項を記載した。 ↩︎
  3. 1月に6ヶ月コースを申し込んで、2月に解約したとしても支払い済みの受講料は返金されない。6月いっぱいまでしっかり勉強する必要があり。 ↩︎
  4. 英語はヨユーで出来ます的な雰囲気を醸し出しているが、英語も大して出来るわけじゃない。大学時代に「絶対に落とすことがない」と言われる必修の英語の単位を落としたし。大学院留学直前に友人たちが開いてくれた飲み会で、異口同音に「大丈夫?」と心配されたのが懐かしい。 ↩︎

今日も失敗続き。

今日はいつにも増して頭が働かなかった。会社で使っているPCの調子が悪くて、午前中はメンテに当てようと元から計画していたから、レポート作成は端から諦めていたから良かったものの、本当にどうしちゃったんだと自分でも呆れちゃうほど。

まず、出社後、ノートPCを取り出して電源だなんだと繋げていたわけど、ふと目を離した後、もう一度デスクの上のPCを見たら、一瞬、記憶が飛んだ。

「アレ、これ、私が出社してからセットアップしてた?」

と隣の席の同僚に聞いたものだから、同僚、びっくり。
その後も、昨日同僚から受け取ったレポートの件で質問しようとして、言葉が出てこない。データの行を一行見間違えるなどなど、もう本当に生産性ゼロ。さっさと仕事を切り上げて帰宅した。こんな日もある。

今週は誕生日だったのに、眠れなくなったり、あり得ないミスをしたりと散々だった。週末に風邪を治して、来週からまた気を引き締めて頑張ろ。

嫌なことを書き出して捨てた

今週は月曜から調子が悪い。

鼻づまりで苦しいというのは別として、精神的にズーンときていた。自覚はなかった、というか、敢えて気にしないようにしていたけれど、それでも心の奥底ではガンガン影響があったのだろう。月曜から眠れなくて、夜中に何度も起きてしまう。

原因は、前の上司からのメール。他の人からすると全く大したことのない内容。本当に2行くらい。でも、私は、拒絶反応。転職するまで、自分は強いと思っていただけに、こんな風になる日がきたことに自分でも驚くばかり。

メールがあった日は、あまりに余裕がなくて何も手につかなくなったけど、少し時間をおいてから文句をつらつらとパソコンに向かって打ち続けた。疲れたところでやめて寝た。今日、パソコンを開いて数日前に書いたメモの一部を見て、「いかん、いかん」と削除した。

別に状況に変化はないけど、何だかスッキリした。

自分の何気ない行動が誰かのストレスになっていることがあるかもしれない、と自分の行動を振り返るきっかけになった点ではあのメールもそれなりに意味があったのかもしれない。睡眠時間を引き換えにすることになったのはイタイけど。。。

ブーツを《しんちょう》

今日、ブーツを新調した。

オーダーメイドの靴なんて私には到底手が届かないので、「ブーツを買った」というべきか。どうでもいいが、この《しんちょう》という語を変換しようとしたところ、一番最初に変換されたのは《志ん朝》だった。

桂枝雀、面白い!面白い、落語!

たまに、職場で「落語を聞く」ということをいうと「は?」みたいな顔をされる。確かに私の話には面白みもオチもないのだから、そういう反応しちゃうだろう。でも、面白みの欠片もない人間だって、落語を聞いてもいいじゃないか。

そもそも落語を聞き始めるきっかけになったのは、去年、出張先で一緒にごはんを食べた人との会話。どうしてそういう話になったのかはハッキリとは覚えていないが、「桂枝雀っていう噺家が好きで・・・」と桂枝雀のこと、その人のお気にいりのネタのことを聞いた。それまでその人とは、例えプライベートに関することであっても、もっと表面的なありふれた会話しかしてきたことがなかったから、何だかすごく興味が湧いてきて、その会食の後すぐに桂枝雀を検索した。

面白かった。

それまでも落語を聞く機会がなかったわけじゃない。過去にはNHKで落語をテーマにした朝ドラもチラッと見たことだってある。でも、通り過ぎていた。なんてことだろう。

お風呂に入りながら、桂枝雀の落語を見る。それが私の楽しみ、という日々がしばらく続いた。

こうして私はあっという間ににわか枝雀ファンと化した1

漫画・アニメをきっかけに『古典落語に興味を持つ』段階へ突入

「落語=枝雀」しかない私を古典落語の世界に連れて行ってくれたのは漫画だった。インターネットで『昭和元禄落語心中』という漫画の無料試し読みというのを見てクリック。

え、ナニコレ?面白い。

あっという間に惹き込まれた。でも、漫画を購入する決心まではできなかった。だって、5,000円。途中まで面白くても、急激につまらなくなる漫画だってある。決心つかなかった。

しかし、Amazon Primeでアニメを発見!入ってて良かった、と心底思った。

昭和元禄落語心中 – Amazon Prime

アニメ化や実写化版は、自分で読んでいたときに作り上げたイメージと異なることもあったりするのだけど、『昭和元禄落語心中』はそれがなく、漫画同様、どんどん惹き込まれてあっという間にシーズン1を見終わった。

与太ちゃん同様、師匠に落ちる。菊さん、ステキ2

その後、シーズン2も配信され、もちろん全話視聴。師匠に落ちた私はあっという間に、「古典落語サイコー!」とにわか落語ファンの極み。

与太ちゃん!

にわか落語ファンの私。残念ながら、そんなに多くの噺家さんを知りません。でも、ある日、偶然見た動画で与太ちゃんを発見。

落語を救った男たち 天才現る! 古今亭志ん朝の衝撃

後で知ったが、『昭和元禄心中』の与太郎のモデルは、《古今亭志ん朝》説が有力で、落語好きならすぐにピンとくる、超がつくほど簡単なことだったようだ。「実写与太ちゃんを見つけた!」と得意気になっていた自分がなんとも恥ずかしい。

私はあっという間に現実の与太ちゃん、志ん朝のファンになった。声もリズムも全部好き!映像はもちろん、音声だけでも魅了される。登場人物全員、違う。イキイキしていて、江戸の世界が眼前に広がるような感じ。

にわか落語ファンの私が志ん朝にハマるのも当然。ちょっと志ん朝を調べたら、「初心者にオススメ」というような言葉がゴロゴロ転がっていた・・・。落語ファン歴の浅い私の一番はまだまだ志ん朝3。何度同じネタを聞いても、毎回面白い。

ここで最初の話に戻るのだけれど、志ん朝のことを探しすぎて、私のパソコンは《しんちょう》を《志ん朝》と変換するのである。

聞くエナジードリンク

仕事で、あーでもない、こーでもない、逃げたい、辞めたい、と思うことが多いけど、帰ってきて、お風呂に入りながら落語を聞く。寝る前に落語を聞く。志ん朝の声とリズムはいつだってすぐに噺に引き込んでくれる不思議なチカラがある。現実に戻ればまたすぐに、あーでもない、こーでもない、とうじうじうだうだするけど、一時的であれ元気にしてくれる志ん生の落語は、最近、私の生活必需品となっている。


  1. 元来飽きっぽくて何かにのめり込むということがない私。枝雀ファンといっても大の落語好きの方の足元にも及ばない。 ↩︎
  2. 「アニメにハマる」なんて一生ない、と思い込んでた若かりし頃の私。未来なんてわからないね。 ↩︎
  3. 枝雀も時々。 ↩︎