WordPressの本文の体裁が頻繁に崩れるのはなぜ?

ここ2週間位に渡って、少しずつこれまでの投稿のスタイルの崩れを修正した。不幸中の幸い、とも言えたのは、ブログを頻繁に更新していなかったこと。ただし、それでも私には面倒くさい作業であることは変わりなかったが。

このような修正しなければならなくなったのは、これが初めてではない。

前回盛大に崩れたときにも、悲しい気持ちになったので、長めの投稿の場合、段落タグだけは必ず付けるようにした。そのため、今回は、前回ほど大惨事にはなっていなかったものの、それでも修正が必要だった。

浮かぶ疑問は、一体原因は何なのか、ということ。

私の予想した原因

私が考えたのは以下の2つ。

  1. テンプレートが悪い
  2. Markdownでの投稿は相性が悪い

対応策

最初の仮定に関しては、他の利用者のコメントなどがなかったことから早々に除外。従い、今回は何もしなかったが、前回崩れた際には、テンプレートを疑い(作者には申し訳ないが、素人ってこうやって理不尽に責任転嫁したくなるものなのです)、シンプルなテンプレートへと変更している。

2番目は結構本気で原因のひとつと考えていたので、この機会に、泣く泣くHTMLに変更した(後述)。ただ、残念ながら、これは本当の原因じゃなかった!

本当の原因と解決策

では、最終的にはどんな対策をしたか。

ウェブ上を調べたところ、「Markdownだから」「HTMLだから」という私の予想はハズレだった。

 

振り返ってみると、この記事のとおり、エディタの切り替え時に体裁が崩れたような覚えがある。そこで、紹介されていたPluginを早速インストール。

無事解決!

HTMLへの変更(面倒くさい方法)

今回私の取った方法は、非常に時間がかかった面倒くさい方法。もっとずっとスマートな方法があるはずだが、私は思い浮かばなかったので、非常に原始的に、一つ一つコピペという方法を取った。

  1. ブログ記事をコピー
  2. Brackets》を開き、HTMLのBoilerpaltes(<!DOCTYPE html>とかいうやつ)を用意
  3. コピーした記事を<Body>部分に貼り付ける
  4. 修正した記事をコピーして、WordPressの該当ページに貼り付け(上書き)(了)

 

通常は、《iA Writer》を使って下書きしているが、ここで《Brackets》を使ったのは、シンタックスハイライトやショートカットがあって作業がしやすかったから。Bracketsでなく、ATOMSublimeでもいいが、HTMLをサポートしているテキストエディタを使うのがいいと思う。

iA Writer
Price: ¥3,600

所感

不具合の原因は、Markdownではなかったわけだが、これまでの投稿記事を見直して追記などをするいい機会となった。それでも、面倒くさかったことに変わりはなく、何度も経験したくはない作業。今後は下書きをHTML形式で残しておくことを決めた。これまでの投稿までのフローを変更することになるが仕方がない。

Advertisements

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.