【PyQ】《Python中級》修了

今日、何とかPyQでのPython中級まで終わった!

PyQでは、学習開始時点でのレベルや目的に合わせてオススメの単元の組み合わせがコースとして設定されている。私は、その中から、「未経験からのPython文法」コースを選択して受講している。

コースの内容は以下のとおりで、写経のみの例題を含めた問題数は「358」、目安の学習時間は「77時間〜」となっている。

「未経験からのPython文法」コース

はじめてのプログラミング

Pythonはじめの一歩

Python初級

Python中級 ←今日ここを修了1

実務でPython

中級では、ソート、セット、クラスなどを学習した。初級と比較して例題のコードの長さもずいぶんと長くなった。もちろん単に写経部分を入力して進めることも可能だけれど、一度それをして挫折している。だから今回は、焦らずに一つずつ丁寧にコードを読むようにした。写経以外の部分では時々「え?こんなの習ったっけ?」というところもあるけど、最初からきちんとコードを見ていくのを続けていると、この処理はこういう風に書き換えることも可能なのか、というようになってくる。

中級では初級で習ったことをバンバン使う。バンバン使うから、だんだんと慣れてきた、ような気がする。辞書やリスト、タプルはやっと書き方を暗記。

ただ、この理解が深まったのは、サブでUdemyの授業を観たというのも大きい。ちょうどキャンペーン中で1コース1,400円だったので、下のコースを購入した。

項目ごとの説明が詳しい。ただ、学んだことを応用する、実際にどう使うかという点については、PyQに軍配が上がる。PyQは例題がその単元で習った内容だけにとどまらず、これまで習ったことを組み合わせてより実践的な内容になっている。こういうのは動画レッスンでは難しそうだから仕方がないと言えばそれまでなのだけれど。

中級で一番つらかったのは、正規表現。書き直しの連続。最初の頃は、\s*[//\t]+\s*を見て「???」としか思えなくても、レッスンを進めていくうちに、どこをどう区切ってみるべきなのかということがわかってくる作りになっている。本当によく出来ている。

中級を終えて少しずつどんなことが書かれているのかということの理解が出来てきたとはいえ、実際にはまだまだ「中級」と言えるレベルではない。例題のようなことを自分で考えて解決出来るか、と考えると自信がない。もっと写経が必要だ。

その他PyQ受講関連のブログ記事


  1. 問題数での進捗率は338/358。 ↩︎
Advertisements