備忘録かチートシートか|Dynalistの使い道

毎朝、Notepad++とOutlookを立ち上げてタスクを確認。仕事中のちょっとしたメモは、Notepad++に入力している。

最初のうちは、プレーンテキストのメモはわかりづらいかとも思っていたが、サクサク動くその速さ、マークダウンに慣れてきて以降はその手軽さから、もう文書は全部Notepad++で済ませたいというほどにハマった。

ということで、備忘録を含めドキュメント作業の80%近くはNotepad++を使用。15%くらいは、文書の整形作業で他のMSアプリと格闘1。最近、はじめだしたのが残りの5%、Dynalistでのメモの作成。

Dynalistは使いはじめてまだ1ヶ月ということもあって、まだまだ、自分の中で使い方が定まっていない2。毎月のトピック制限もないので、以前使っていたように思考の整理用に使おうかとも考えたけれど、せっかくNotepad++に慣れてきたのだから、ここで戻す必要性が感じられない。

今のところ「これがしっくりくるかな」と感じている使い方は、パソコン関連の断片情報の寄せ集め(備忘録)や、チートシートとしての使い方。精度の低い超個人用素人Qiita3のような感じ、とでも言おうか。。。

パソコン関連で調べたサイトのうち、後から見返したいサイトの情報を貼ったり、覚えておきたいコードを書き留めておいたり、ということに利用し始めた。(まだ実験段階故、この使用法が定着するかは不明。。。)

仕事用に作ったDynalistの現在のフォルダはこんな感じ。

dynalist_1

最初は、年間のモデルスケジュールだとか入れてみようかなとか、昔のように引継書を作成してみようかなと思って、いろいろフォルダを作ってみたのだけど、結局そのほとんどはNotepad++で対応しているので使っていない。何だかんだで、PC関連の備忘録用に作っておいたフォルダだけしか使っていない。

PhraseExpressも大凡の使い方は理解できてきたものの、たまに書き方を忘れるので、よく忘れるものをまとめたチートシートが必要。忘れるごとに5分はロスしていると思う。

覚えておきたいコマンドをまとめたもの。外部リンクの他、Dynalist内の項目のリンクを貼ることも可能。

dynalist_2

参考:dosコマンドを使ったfile listの作り方(windows)

dynalist_3

現状わからないこと、解決できていないことには@Question?というタグを付けてみた。解決法がわかったら更新予定。

マークダウンでコードをハイライト出来るので、チートシート用には使い勝手がいいかな、と。

未解決の問題もメモしている部分と、チートシートとして完結している部分が混在していて若干気持ちが悪い。グループ分け(フォルダ分け)が間違っているのだと思うが、今はDynalistの利用法を考えている途中なので、我慢する。両方の使い方をしていくと決めた時点で、このあたりの整理法を再検討したい。


  1. 一番苦手なのは、エクセルである必要性が分からないエクセル文書の整形。地味に時間がかかるから、計算とかテーブルがないならやめてほしい。 ↩︎
  2. そもそも決めなきゃいかんのか、という感じがしなくもない。ただ、闇雲にツールを増やすと収集がつかなくなるし、一応は決めておきたいな、と。 ↩︎
  3. プログラミングに関する知識を記録・共有するためのサービス。個人的には、素人のブログ情報とは違ってやや敷居の高い印象。 ↩︎
Advertisements