【PyQ】|《Python初級》修了

PyQでのPython初級まで終わった!

PyQでは、学習開始時点でのレベルや目的に合わせてオススメの単元の組み合わせがコースとして設定されている。私は、その中から、「未経験からのPython文法」コースを選択して受講している。

コースの内容は以下のとおりで、写経のみの例題を含めた問題数は「358」、目安の学習時間は「77時間〜」となっている。

「未経験からのPython文法」コース

はじめてのプログラミング

Pythonはじめの一歩

Python初級 ←今日ここを修了1

Python中級

実務でPython

まだまだ初級だけれど、それでも素人の私にとっては理解に時間のかかる問題が増えてきた。ひとつ前の「はじめの一歩」に取り組んでいたときのスピードの倍とはいかなくてもそれに近いくらいの時間がかかるようになってきた。

例題では、コードを全て入力する問題は少なく、学習トピック部分のみを写経させるというスタイルが採られていて、他のプログラミング言語の知識がある人たちにとっては学習を要領よく進められる作りになっていると思う。

そして、自分が初学者であるにも関わらず、私もそのスタイルをとって、前回は失敗してしまった。学習しているトピックのコード部分だけでなく、各問のコード全体をせめて80%くらいまで理解した上で、次に進まないとある日突然「何やってたんだろう」となってしまう。何を当たり前の話を、と自分でも呆れてしまうのだけれど、ゲーム感覚で出来るために次第に「次へ次へ」という思いの方が勝ってしまった。

さて、初級の内容。初級では、その単元で学習することだけでなく、これまで学習してきたこととの組み合わせで問題を解いていく。内容も、「あー、こういう状況仕事でもありそう」と思えるものが増えてきた。

写経の段階でメモを取り、問題演習では模範解答を見ず、自分のメモを頼りに解く。エラーが出ても慌てない。面倒くさい気持ちを抑えて、最初からじ~っと見て、直していく。段々と繰り返していくうちに、エラーが何を言っているのか、自分のエラーの傾向がつかめてくる。

私の場合、インデントを適当にしてエラーが出ることが多い。何も考えずに、Enterを押下して、そのまま書き続けることが多いから。見直して、ループや条件分岐から抜けてないことに気づく。ちょっとした見直しで気がつかないときには、Excelマクロのときにイミディエイトウィンドウでやっているように、途中にprint()を置いて確認している。(Pythonでの見直しの方法がまだわかっていない。。。)

辞書を使った集計も、初級の最初のあたりではまだまだ苦手だった。とりあえず、例題のコードを書き写して暗記。後から理解がついてくることもある。いくつか問題を解くうちに、「この前使ったあの書き方で」とやっと気がつくようになってきた。やっと。


  1. 問題数での進捗率は273/358。 ↩︎
Advertisements