【PyQ】《Pythonはじめの一歩》修了

無駄遣いをやめる》と目標を立てたものの上手く進めることが出来ずにいる。

今月は、ちんたら取り組んできたPyQ1を真剣にやることに決めた。

きっかけ

私がPythonに興味を持ちはじめたのは、Amazonで『退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング』というタイトルの本の存在を知って、「え、Pythonってデータサイエンティストだけのものじゃないの?」と気になり始めたのがきっかけ。(本は購入していない2。 )

具体的に「Pythonで○○がしたい」などということはなく、単純に「Pythonがノンプログラマーの仕事に便利なものだっていうんなら・・・」という軽い気持ちだった。

学習開始と迷走

本を読んですぐに理解出来るタイプではないこと、また、いろんなところで写経(お手本のコードを実際に手を動かして自分で打ち込むこと、らしい)がプログラミング習得の第一歩みたいに書かれていたのを見て、PyQを始めることに決めたのが秋頃。それから数ヶ月経っても、初級も終わらせることなく、時間が過ぎ、月謝だけが引き落とされていく。

取り組み方そのものが間違っていたのだと、ここ数日取り組んでみて反省。

再出発

当初、私は、写経を字の如く捉え、全く理解しようという気持ちを持っていなかった。「とりあえずお手本どおりに打ち込んでいけば私もPythonが習得出来る!」と思い込んでいたのだからおバカとしか言いようがない。打ち込んでいる内容をきちんと理解しようとせずに進めるので、タイピング練習以外のなにものでもなかったのだけど、そんなことには全く気付いていなかった。

自分が打ち込んでいるコードがどういうものなのか全くわからない、つまらない、そして《挫折》。でも《挫折》したとは思いたくない諦めの悪い私は月謝を払うことで「まだ、学習を続けている」という気分に浸っていた。

学習を再開して今日で3日目。これまで学習した履歴をリセットし、もう一度【はじめてのプログラミング】から取り組み、【Pythonはじめの一歩】まで終了した。

今回は、解説をしっかり読んで、ノートまで付けている。コースそのものは、ノートを取る必要がないような作りになっているが、自分の性格上、自分で重要と思った部分に付いてはメモを取っておいた方が理解が深まるような気がしている。ちんたら取り組んでいたときには、すぐに模範解答を見て、タイピングしていたけれど、今回は問題はノートなどを参考にあーでもない、こーでもないと悩みながら取り組んでいる。 ノートを取る時間の分だけ時間はかかるものの、前と比べると雲泥の差でコードの意味がわかる。そして、楽しい。

明日からはやっと【Python初級】に進む。これからもっと難しくなって、スピードが落ちそうだけど、今月中に何とか【実務でのPython】まで終わらせたい。


  1. オンラインPython学習サイトで、月額2,980円〜(2018年2月現在)利用できる。 ↩︎
  2. 英語版であれば、著者の【Automate the Boring Stuff with Python】というサイトで読んだり、ダウンロードすることが可能。 ↩︎
Advertisements