忙しさを言い訳に教育を一時放棄中

12月が忙しいのは毎年のことだけど、今年は度を越す忙しさだ。Inbox Zeroを目標としている受信箱には、打ち返しても打ち返してもメールが溜まり、ここ1ヶ月で未完了がとうとう300を越えてしまった。毎日のToDo・Doneリストは考えたくないほどに長くなっている。早めにテキストエディタに変えておいて良かったとつくづく思う。

リストに載せるのが一番難しくそれでいて時間がかかる業務の一つが、新スタッフの指導だ。通常業務がすでに重くなってきていることもあり、上司が心配してある程度空きポジションと同じような業務経験のある人たちを採用してくれた。ただ、会社が変われば同じ呼び方のポジションであっても、全く同じ業務内容ということは少ない。少しずつ異なるから、どんな経験者に対してもそのギャップを埋めるインストラクションは必要となる。それは覚悟していましたが、想像以上にギャップが大きい。。。

まず、「(前任者に作成してもらった)引継書をまずは確認してみない?」と答える回数が多い。そして、コレが一番堪えたのだけれど、メールの使い方、スケジュールの立て方・確認のし方、ホウレンソウなどといった「あれ、新卒?」という部分の指導が必要だった。

私自身も、以前から確定していたリスケ不可能な出張に加え、大量のレポート依頼が押し寄せていたこともあってややパニック状態。もうヒントを与えて待つ的な寛容なアプローチを取ることは完全に諦めて、各スタッフ用に詳細な指示書(手順書)・タスクリストを作って渡して乗り切ることにした1。申し訳ない気持ちはあったけれど、2人もしかも違う業務内容のスタッフの教育を繁忙期に同時に行うことはハッキリ言って今の私じゃ不可能だ。

自分で仕事を抱えて部下に任せられない上司は無能だ。
部下を育てられない上司は無能だ。
そのとおりだと思う。

ただ、新スタッフには申し訳ないけれど、少なくとも1ヶ月くらいは引き続きこのスタイルで業務をこなすことを許してほしい。というか、あと1ヶ月で自分の仕事をある程度整理しておかないと、ということだな。んー。。。


  1. 一人に付いている間に、もう一人がやらかす事件が多発していろんなとこからクレームが出始め、微かにあった私の心の余裕は完全に吹き飛んでしまった。 ↩︎
Advertisements

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s