マクロを作ってアドイン登録

毎月のルーティン作業で一番嫌いなのが、ある拠点に提出するエクセルファイルの更新作業。複数あるのだけれど、いずれも不必要にセル(列)の結合がされている。エクセル方眼までいかないまでも、非常に迷惑。エクセル方眼はまだ申請用紙のフォーマットに合わせるため、とかなんとか言い訳を受け入れられるけれど(それでもできるだけやめてほしい)、私が毎月格闘するエクセルレポートは明らかに作成者が無計画にフォームを作った結果だろうな、と思われるもの。慌てず、あと5分くらい設計図を考えれば、こんなフォームで私の時間が奪われずに済んだだろうに。

私は後々の面倒臭さを回避したい人間なので、エクセルでフォーマットを作れ、と言われたら、時間がかかるタイプ。私が想像するに、私の大嫌いなフォーマットの作成者は、一つ一つの作業が速くて、一つ一つコピペして、行の高さを変更して、という作業が苦じゃないタイプなんだろうと思う。

セルが結合されたら発生しちゃう面倒くさい作業

行の高さの自動調整が出来ない。

一時期、この行の高さを調整するタスクが大量に舞い込んできたので、調整用マクロを作ったのだけど、そうしたら、更に「調整しておいて」と言われることが増えたので、エクセルのアドインとして登録。この他にも、各シートの表示倍率を統一してA1セル選択した状態にするマクロとか、別ブックからのリンクがある場合にリンクを削除するマクロ、シートインデックスを一番左に作るマクロをアドインとして登録している。

「わざわざアドインとして登録するまでもない」と思えるような作業でも頻繁に発生するのであれば登録しておいた方がいい。コーヒー休憩に行く時間くらいは作ってくれるはずだ。

マイクロソフトが高さの自動調整の改良をしてくれることを切に願います。(変な使い方を考える人は、私を含め、減ることはないと思う。)

Advertisements

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s