Typinator、・・・恐ろしい子

プライベートはMacを使っている。これは単に父が熱狂的なApple信者で、Mac以外は買わない、という数十年続く我が家の暗黙ルールによるもの。個人的な趣味は殆ど無い。大学院を卒業するまでは家でもパソコンを使うということをしていたけれど、ここ最近はネットくらいしか利用していないから、パソコン自体なくても大丈夫な気がしてきている。 そうは言いつつ、最近、転職を考え始めているのでパソコンスキルもアップデートして置くべきかと家でもちょこちょこ使うようにしている。スケジュールもアナログの方が好きだけどしばらくは我慢、我慢。

Widowsで一番好きなアプリは【PhraseExpress】だけど・・・

職場ではWindowsということもあってできるだけ、OSを選ばないようなアプリを使用するようにしているものの、同じメーカーでも使い勝手が違うのは仕方ない。でも、個人的には、Office以外はMacの方が使いやすいような気がする。
Keypirinhaは設定が面倒くさくて(というか未だに理解ができていなくて)、Alfredの方が使いやすい印象。Day OneのようなアプリはWindowsにないし・・・。 そんな中「Windowsのアプリの方が絶対にいい」と思っていた

PhraseExpressの立場を危うくするアプリを見つけてしまいました。あんなに大好きなPhraseExpressだったのに。

とはいっても、Windows用のアプリはないみたいなので、Windowsでは引き続きPhraseExpressを使っていくつもりだけど。今回見つけたアプリは、「Typinator」という有料アプリ。 PhraseExpressはつい最近までMac用のアプリを出していなかったので、かの有名な

TextExpanderを使用していたのだけれど、日付の設定などPhraseExpressと違う部分にやや使い辛い印象を抱いていた。ネットなどでは、月額課金制への移行に対する否定的な意見が多かったもののその性能や使い勝手については評価が高かったし(だからこそあんなにネガティブな記事が多いのでしょうね)、私の知識が足りなくて「すごいラク」というレベルに到達できていなかっただけだと思う。(話は逸れるが、個人的には使い勝手さえ良ければサブスクリプションでも全く気にしない。)
TextExpanderもPhraseExpressもiPhoneアプリを出していて、それもあってこれら2つのアプリに固執していた部分も少なからずあったのだけれど、「死にそうなほどに面倒くさいと思うような入力をしないじゃん、私」と気づいてこだわるのをやめた。本当に面倒なのは、Workflowなんかにも渡しちゃったし。 現時点での私の付けた順位はこんな感じ。

TextExpander <<<<<< Typinator < PhraseExpress

日付、日付、日付!

PhraseExpressはもう数カ月使っていて、どんなことができるかの理解も進んでいることもあって今のところは一番だけど、Typinatorの説明書を読んでたら、Typinatorのポテンシャルすごい!日本語にも対応しているので、日付は「金曜日」なんて返してもらうことも可能。 業務でもそうなのだけれど、私が一番良く使うのは、日付。とにかく日付。新しく買ったものに必ずと言っていいほど日付を書くおばあちゃんの血を受け継いだからか、日付を入れたくてたまらない。今やこれをやると「いつの時代の人間だよ」という時代遅れのレッテルを貼られるだろうけど、回収したファイル名の頭に日付を追加したりしちゃう。 更に今は、テキストファイルでTodo管理をしているから更に日付の入力が多い。YYMMDDくらいなら大したことないと思うけれど、週末挟んだ途端日付を忘れたり、たまに興奮してか「1711001」みたいに0がひとつ多くなったり(その反対も)。だから、今日の日付がパパンと入力できるだけでかなりラクチン!

ちなみにPhraseExpressでは、以下のような設定をしている。

PhraseExpressでの日付設定

  1. [file;]:ファイル名の頭に付ける日付[YYMMDD_]
  2. [,,date;]:Todoリストの日別セパレータ[—– DDD, DD MMMM YYYY —–]
  3. [,,today;]:Todoリストの日付(タスク追加日・完了日)[YYYY-MM-DD]

(入力前に【,,】入力後に【;】と入れる変なクセを付けてしまって、こうやって見ると恥ずかしいです。)

こんなのはもちろんTextExpanderでもTypinatorでも可能。

Typinatorでの設定方法

  1. 左側のリスト下の【+】をクリックして【New Abbreviation Set】を設定するか既存のセットを使用する。
  2. 左側のリストを選択し、右側のリスト下の【+】をクリック。
  3. 両方のリストの下にある【Abbreviation】に呼び出す文字を設定。(上の例の[file;]にあたる)
  4. 【Expansion】という下半分に、展開したい文字などを入力。(右にある【{…}】をクリックするとマクロなどのリストを表示することが可能。)

Typinatorの場合、【保存】しなくても、すぐに使えるようになります。

Regular Expressionとの組み合わせが面白い!

この程度だったら「へえ〜、でもPhraseExpressの方がいろいろマクロとか充実してるし」という印象だったのですが、正規表現(Regular Expression)というのが便利ですよ、という記事を読んでみて自分でも作ってみたら思いの外面白い!

Macで使えるスニペットツール
(真ん中から下のあたりが該当箇所)

上のページの記事にあるように、例えば日付だけを打って、今月の任意の日付を入力するのだって簡単。上のページの例だと、2日とかは【2017-11-2】と表示されてしまうので、下のように最後にちょっとだけ追加する。

Regular Expresson:日付の設定(1)

  1. 【Abbreviation】:,,([0-9] );
  2. 【Expansion】:{{refDate={YYYY}-{MM}-$1}}{YYYY}-{MM}-{DD}

【,,5;】と打つや【2017-11-05】と爆速で入力されます。

Regular Expressionについては、上の記事を読んではじめて知ったので(Word使ってるときは単純な「置換」くらいしか使ってなかったです。。。)、このシリーズで簡単に勉強しましたよ。(「肝だけを短時間で」という感じの動画です。)

ちょっと応用(?)して、Todoリストに締切を入力するスニペットも作ってみた。

Regular Expresson:日付の設定(2)

  1. 【Abbreviation】:,,d([0-9] );
  2. 【Expansion】:{{refDate={YYYY}-{MM}-$1}}@DUE:{MM}/{DD}

【,,d5;】と打つやこれまた【@DUE:11/05】と爆速で入力されます。

そして、月の終わりになったら必要になってくるだろう違う月の日付も打ちたい衝動には。。。

Regular Expresson:日付の設定(3)

  1. 【Abbreviation】:,,d([0-9] ),([0-9] );
  2. 【Expansion】:{{refDate={YYYY}-$1-$2}}@DUE:{MM}/{DD}

【,,d12,5;】と打つや【@DUE:12/05】と入力されます。これに至っては爆速っていうか、やや便利程度。。。

sample-typinator

その他、すでに用意されている【Regular Expression】のセットの中には、日付を展開後すぐに【+】をクリックすると、一日ずつう増えていくというスニペットも。(例えば、【,,today,】で2017-11-05と展開後、【+】を連続で3回クリックすると、2017-11-08って表示される!) 同様に【ー】で1日ずつ減って【>】で一週間ずつ増え、【<】で一週間ずつ減る。 なんて便利・・・。

仕事と違って、プライベートではそこまでスニペットを使う必要性もないんだけど、今日まで「正規表現」を知らずに生きてきた人間にとっては、こんなことが面白く感じられて、Typinatorの株が上昇中なのでした。 この他にもいろいろ機能があるらしいから、また使えるようになったらメモっておきたい。

Advertisements

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s