押しつぶされるような感覚

出張に行ったり、反対に出張者対応したりと通常業務と違うことをしているとすぐにパニックに陥ってくる。適応スキルが欠如しているのだと思う。軽々乗り越えられる人もいるのだろうけれど、私はできない。できないことをできないと伝えて、周りの人に心の準備をしてもらうことも社会人として必要なことだろうと、「真面目にタスクが多すぎて対応できない」と意を決して言ってみたけど、「そう。だから人を早く雇いたいってことだね。雇おうよ。」返されとイマイチ伝わらなかった。

確かに、仕事量が多い→人を雇っ解決、なんだけど、その途中の→の部分で今現在もう死にそう。。。

私の仕事なんてミニミニの重要度の低いタスクが大量にあるだけで、大したスキルなんて要求されない。だからこそ、こんな報告はタダの一過性の弱音として軽く扱われるのだろう。私も彼らと同じ立場にいたら同じことを言う。だっていくらタスクを書き起こしてみても大したタスクに見えない。

ストレスになるのは、スイッチの切り替えの回数の多さだ。

電話で他の同僚から質問される。その対応をしている最中に上司から急ぎの仕事を頼まれる。そうこうしてると毎月のルーチン業務のリマインダーがポップアップされる。

この一週間で更にタスクリストは倍に膨れ上がり、もうリストを見るだけで吐き気がする。他人のリストの長さがもっと長かろうとそんな比較はもう関係ない。そういうスキルの高い人を代わりに雇ったら良いと思う。

Advertisements

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s